ワイモバイル 料金 yモバイル プラン

MENU

イーモバイルは、いよいよ『Y!mobile(ワイモバイル)』として生まれ変わりました。(以下ワイモバイル)

 

スマホのサービスは、月に10分までの通話が300回無料になるなど業界でも新しい試みを展開していますが、データ通信は基本的にそのサービス内容に変わりはありません。

 

ワイモバイル公式サイト


ただし、モバイルデータ通信としての人気を旧イーモバイルからそのまま引き継いでいるのと同時に、料金プランやキャンペーンの内容が分かりづらいというマイナス面も引き継いでしまっています。

 

当サイトでは、その分かりづらいワイモバイルの料金プランを詳しく解説しているので、契約を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

 

ワイモバイルの料金プラン徹底解説

ワイモバイルのベースプランは4つ

 

ワイモバイルのデータ通信プラン(pocket WiFi プラン)には「ベーシック」「にねん」「バリューセットY」「バリューセットライトY」という4つのベースとなる契約種別があります。

 

 ベーシック

 にねん

 バリューセットY

 バリューセットライトY

月々7,500円 

月々6,200円

月々7,791円

月々7,248円

 

「ベーシック」は文字通りワイモバイルのベースとなる契約プランです。この「ベーシック」を2年間利用することを条件に月々1,300円割引しているのが「にねん」となります。

 

一方、バリューセットとはpocket WiFiルーターに加え、指定の新しい端末がセットになっているプランです。それぞれ「バリューセットY」はパソコン、「バリューセットライトY」はタブレットがセットになります。カンタンに言うとパソコンやタブレットの代金が分割で月々の料金にプラスされているプランですね。

 

ただし実際には、これらのベースプランでそのまま契約するのではなく「ずっとおトク割(月々2,504円割引)」が適用される「バリュースタイル」で契約するのが一般的です。「バリュースタイル」は下で説明するので、まずはベースとなるプランがあるということだけ頭に入れておいてください。

 

「バリュースタイル」とは?

 

にねん

バリューセットY

バリューセットライトY

月々 3,696円

月々 5,287円

月々 4,744円

 

「バリュースタイル」とは携帯電話の契約によくある月々サポートだと思えばいいでしょう。

 

「ずっとおトク割」という割引サービスを適用して、上で説明したベースのプランから月々2,504円割引する販売促進用のプラン。要するに、「ホントは○○円だけど2,504円安いからお得でしょ?」というプランです。

 

たしかにお得なので、当然ワイモバイルの申込みをする人は、ほぼ全員この「バリュースタイル」で契約しています。

 

なお、「ベーシック」にはこのバリュースタイルは用意されていませんが、これは2年縛りがないからです。基本的にいつでも解約できますが、現実的には月々7,500円のベーシックで契約をする人ほとんどいないでしょう。

 

「バリューセット」「バリュースタイル」「ずっとおトク割」・・・、ややこしいですね。これがワイモバイルのプランを分かりづらくしている原因だと言えます。

 

ここでちょっと整理しておきましょう。

 

ワイモバイルにはベースとなるプランがあって、「にねん」はルーターだけ、「バリューセットY」はパソコン、「バリューセットライトY」はタブレットがセットになっているプラン。また、月々サポートで2,504円割引する「バリュースタイル」という割引サービスがあるので、実質的にほとんどの人がこの「バリュースタイル」で契約している。

 

ここまではいいでしょうか?

 

「バリューセットY」と「バリューセットライトY」の料金の差

 

pocket wifi ルーター

「バリューセットY」がパソコン、「バリューセットライトY」がタブレットとセットになっているプランということはすでに説明しましたが、この2つのプランの料金の差はどのくらいあるのでしょう。

 

「にねん」を基準にすると「バリューセットY」が(5,287円−3,696円)=1,591円、「バリューセットライトY」が(4,744円−3,696円)=1,048円となっています。

 

「にねん」に対して月額利用料がそれぞれ1,591円と1,048円プラスされているわけですね。要するにこの金額がパソコンとタブレットの月々の分割金額ということです。

 

分割金額がプラスされるのは2年間なので(3年目以降は「にねん」と同料金)、これを単純に2年分で計算すると(1,591円×24ケ月)=38,184円分、(1,048円×24ケ月)=25,152円分ということになります。

 

家電量販店の「ワイモバイルに加入すればパソコンが40,000円引き!」とか、販売代理店の「ワイモバイルの加入でパソコンをプレゼント!」などといったキャンペーンは、この「バリューセット」プランを利用しているんですね。

 

「にねん」と「バリューセット」はどっちがお得?

 

では、同じバリュースタイルで比べた場合「にねん」と「バリューセット」とではどちらがお得か?

 

例えば「バリューセットY」の場合、単純に考えれば2年間の差額が38,184円になるわけですから、パソコンプレゼントなどの独自キャンペーンの総額が38,184円以上であればそのキャンペーンを利用した「バリューセット」プランの方がお得ということ。

 

つまり、そのパソコンの実勢価格や値引額が38,184円以上というのであれば「にねん」よりも「バリューセット」の方がお得ということです。もちろん「バリューセットライトY」であれば25,152円以上のタブレットですね。

 

なので、パソコンなどの端末が必要なければ「にねん」、差額よりお得なプレゼントキャンペーンを見つけたら「バリューセット」ということになります。

 

ただしこれは、公式ショップや家電量販店または販売代理店で申込む場合に限ります。

 

というのも実は、その他にも一部のプロバイダーでは旧イーモバイルのなごりであるアシストプランなどを利用してルーターだけ(パソコンなし)のお得なプランを提供しているところもあるからです。

 

プロバイダーが提供しているプランはかなりお得なケースが多いので、ワイモバイルを申し込むときは家電量販店や公式ショップだけでなくこうしたプロバイダーのプランも詳しく調べることが必要になってきます。

 

 

こぼれ話・・

家電量販店でパソコンが40,000円割引になる「7.2Mbps」プランを「にねんMAX」で契約して1年が経過。その後「42Mbps」、さらに「75Mbps」というプランが登場し、契約変更を検討したものの、1年経過時でも解除料が37,700円かかるので(機種変更1万円割引キャンペーンもありましたが)契約変更を断念・・・。泣く泣く「7.2Mbps」プランで「75Mbps」より2,000円以上高い月額5,980円という料金を払い続ける・・・経験談(笑)

※イーモバイル当時(消費税5%)

 

「バリューセット」プランはお得なキャンペーンもたくさんありますが、2年以内に解約すると契約解除料が高くつくので、とくに家電量販店などで契約するときは契約の内容をよく確認しましょうね。

 

あなたが選ぶべきワイモバイルのお得なプランは・・・

 

それではここで 結論です

 

「バリューセットY」「バリューセットライトY」でパソコンやタブレットをプレゼントしてくれる申込先は本当にお得かどうか判断するのは難しいと思います。しかもほとんどの場合は最新の機種ではなかったりするので、迷ったらとりあえず「ポケットWiFi(ルーター)」だけのプランにしておくのが正解です。

 

ということで、公式サイトで申し込むならバリュースタイル「にねん」プラン。

 

公式サイト以外でもルーターだけのプラン(アシストプラン)があるので、それもありです。

 

ややこしい説明もしてしまいましたが「とりあえず迷ったらシンプルにルーターだけのプラン」、これを覚えておけば間違いありません。

 

また、どちらにしても、他のデータ通信会社や携帯電話と同様に2年契約があるということは忘れずに。

最後に・・・

 

ワイモバイルは、基本的にキャッシュバックなどの特典を付けている申込先がないので公式サイトから申込んでもいいのですが、『楽天スーパーWiFi』だけはお得な特典を付けているので楽天から申込むという手もあります。

 

楽天のサービスをよく利用する人は、楽天スーパーポイントが5,000ポイントもらえたり、契約中はずっと楽天市場の買い物でポイントが3倍になるのでかなりお得だと思います。

 

追記:とうとう最後の砦だった楽天スーパーWiFiも新規での受付を終了してしまいました。ということで、特典付きの申込先がなくなってしまいましたね。

 

ただし、最近はワイモバイルの公式オンラインストアで「3年間定額」「2GB増量」などのキャンペーンを頻繁にやっているので意外とお得です。

ワイモバイル公式サイト>>

 

 

また、もし「Yahoo!」の会員であれば【Yahoo! WiFi】もオススメ。7GBで月額1,980円といった会員限定のキャンペーンを実施していることがあるので要チェックです。

【Yahoo! WiFi】の詳細はこちら>>

 

 

※掲載している利用料などは税抜金額です

 

 

ということで、最後まで読んでくださってありがとうございました。当サイトがワイモバイルの料金プランを選ぶ上で少しでも参考になれば幸いです(^^)