ワイモバイル Y!mobile PocketWiFi プラン

Pocket WiFiプランHP

すっかりスマホ(携帯電話)のブランドというイメージの強い『ワイモバイル(Y!mobile)』ですが、元々は、どこでもインターネットと接続できる「モバイルデータ通信」を主力とした『イー・モバイル』という会社がベースとなっています。

 

ネット接続用のモバイルWi-Fiルーターの名称として定着している「ポケットWiFi(Pocket WiFi)」という言葉も、イー・モバイルから続いているもの。

 

もちろん、イー・モバイルからワイモバイルへと生まれ変わった今でも、スマホと並行する形でモバイルデータ通信のプランを『Pocket WiFiプラン』として継続しています。

 

ただし、スマホの料金プラン同様、そのプランの内容や料金システムがやや複雑で分かりづらいという声が多いようです。

 

そこで、このページでは、スマホとは別に設定されている、ワイモバイルのモバイルデータ通信『Pocket WiFiプラン』の内容と料金システムの説明をしていきます。

『Pocket WiFiプラン2』と『Pocket WiFiプラン2 ライト』

イー・モバイルの時代からある『Pocket WiFiプラン』は、プラン+、プランS、プランSS、プランLといったプランが存在しましたが、現在ではこれらのプランに新規で契約することはできません。

 

現在のPocket WiFiプランは、月間デー容量が7GBの『Pocket WiFiプラン2』と、5GBの『Pocket WiFiプラン2 ライト』、海外でも利用できる『Pocket WiFi 海外データ定額』という3つ。

 

過去のプランや、海外用のプランも含めると、混乱してしまうので、ここでは国内専用の『Pocket WiFiプラン2』『Pocket WiFiプラン2 ライト』の説明をしていきます。

 

Pocket WiFiプラン2

 

Pocket WiFiプラン2ライト

 

ワイモバイルのベースとなる契約の種類は4つ

 

ということで、まずは契約内容の種類別に料金プランをまとめてみました。

 

プラン名/契約種別

ベーシック

さんねん

バリューセット

バリューセットライト

Pocket WiFiプラン2
(7GB)
 5,696円  3,696円  4,760円  4,410円
Pocket WiFiプラン2
ライト(5GB)
 4,480円  2,480円  3,544円  3,194円

※掲載している金額は税込価格です

ワイモバイルでは、“契約種別” という項目で契約の種類を分けていて、その種類は「ベーシック」「さんねん」「バリューセット」「バリューセットライト」の4つがあります。

 

ポイントは、月間で利用できるデータ容量別に『Pocket WiFiプラン2(7GB)』、『Pocket WiFiプラン2 ライト(5GB)』の2つのプランがあり、どちらのプランもベースとなる4つの契約種別があるというところです。

契約種別の説明

次に、それぞれの契約種別の説明をしていきましょう。

 

  • ベーシック:文字通り『Pocket WiFiプラン』の基本となる契約
  • さんねん:ベーシックのプランを3年間利用することを条件に月額料金が割引になる契約
  • バリューセット:「さんねん」をベースにパソコンの同時購入をサポートする契約
  • バリューセットライト:「さんねん」をベースにタブレットの同時購入をサポートする契約

 

「ベーシック」のプランは文字通り『Pocket WiFiプラン』の基本となる契約です。「ベーシック」は、月額料金は高くなりますが、解約したくなったときに違約金(契約解除料)なくいつでも解約できるというメリットがあります。

 

これに対し「さんねん」は、3年間続けて利用するという条件で、月額料金が安くなるという契約。仮に途中解約する場合は、9,500円の契約解除料がかかりますが、その分、月々の支払額が2,000円割引になるというメリットがあります。

 

契約期間

 

「さんねん」も、契約から3年後の契約満了月の翌月から2ヶ月間は違約金なしで契約の解除が可能です。3年毎に来るこのタイミングで何もしなければ自動契約更新になり、引き続き割引料金での利用ができます。

 

バリューセットとは?

 

「ベーシック」と「さんねん」は、シンプルにインターネット接続に必要なモバイルWi-Fiルーターだけの契約になりますが、“バリューセット” とは、ここに月々の支払額を増やしてパソコンやタブレットをセット購入する契約です。

 

『Pocket WiFiプラン2』、『Pocket WiFiプラン2 ライト』の両プランとも、「さんねん」を基準にすると、月々の支払額がバリューセットは1,064円、バリューセットライトは714円増えることになります。

 

『Pocket WiFiプラン2』 (バリューセット:4,760円)−(さんねん:3,696円)=1,064円

 

『Pocket WiFiプラン2』 (バリューセットライト:4,410円)−(さんねん:3,696円)=714円

『Pocket WiFiプラン2 ライト』 (バリューセット:3,544円)−(さんねん:2,480円)=1,064円

 

『Pocket WiFiプラン2 ライト』 (バリューセットライト:3,194円)−(さんねん:2,480円)=714円

 

バリューセットの契約は、加入月から38ヶ月後には「さんねん」と同じ月額料金に戻りますので、「バリューセット:1,064円×37ヶ月=39,368円」、「バリューセットライト:714円×37ヶ月=26,418円」という金額を3年間トータルで支払うことになります。

 

基本的にはバリューセットはパソコン、バリューセットライトはタブレットとのセットになりますが、カンタンに言うと、パソコンやタブレットの代金が分割で月々の支払額にプラスされている契約ですね。

 

バリューセット

 

整理すると、「ベーシック」と「さんねん」はルーターだけ、「バリューセット」はルーター+パソコンとのセット、「バリューセットライト」はルーター+タブレットとのセットになった契約ということになります。

 

家電量販店やテレビショッピングなどで実施している「ワイモバイル加入でパソコンをプレゼント!」といったキャンペーンは、この「バリューセット」プランを利用している場合が多いです。

「さんねん」と「バリューセット」はどっちがお得?

では、「さんねん」と「バリューセット」とではどちらがお得か?

 

例えば「バリューセット」の場合、単純に考えれば3年間の差額が39,368円になるわけですから、パソコンプレゼントなどのキャンペーン総額が39,368円以上であればそのキャンペーンを利用した「バリューセット」プランの方がお得ということ。

 

つまり、そのパソコンの実勢価格や値引額が39,368円以上というのであれば「さんねん」よりも「バリューセット」の方がお得ということです。同じように「バリューセットライト」であれば26,418円以上のタブレットですね。

 

もちろん、パソコンなどの端末が必要なければ「さんねん」で契約するのが正解ですが、もし家電量販店やテレビショッピングなどでこの差額より多いプレゼントキャンペーンを見つけたら「バリューセット」がお得ということになります。

 

ただし、バリューセットプランは、仮に3年以内に解約することになった場合、端末は手元に残りますが、残金の分はまとめて契約解除料として支払うことになるので注意が必要です。

 

仮に、1年が過ぎた時点で解約した場合、まだ約1万円しかパソコンやタブレットの代金の支払いが済んでいないので、2〜3万円位の契約解除料が発生するということですね。

 

元々が端末の分割払いのシステムなので当然といえば当然ですが、バリュ−セットでの契約はこの点を頭に入れておきましょう。

あなたが選ぶべきワイモバイルのお得なプランは?

さて、ここまで『Pocket WiFiプラン』のプラン内容を説明してきましたが、何となく分かっていただけましたか?

 

最後に、どのプランを選べばいいかのをまとめたいと思います。

 

まず、基本的には「ベーシック」のプランはどう考えてもお得ではないのでオススメはしません。実際、3ヶ月以内に解約することを決めているというケース以外で「ベーシック」で申込むメリットはないでしょう。

 

なので、パソコンやタブレットを同時に購入する必要がない場合は、「ベーシック」から月々2,000円割引になる「さんねん」を選んでおけば間違いはありません。

 

また、例えパソコンやタブレットを同時購入する予定であっても、それぞれの実勢価格を比較しないといけないので「バリューセット」や「バリューセットライト」のプランで契約して本当にお得かどうかの判断は難しいですね。

 

キャンペーンなどで取り扱っているパソコンやタブレットは最新の機種ではない場合も多いので、いっけんお得にみえても
実は・・・、というケースも少なくありません。

 

バリューセットは、もし3年以内で解約することになってしまった場合に、契約解除料が高くついてしまうのもマイナスポイント。

 

ということで、ワイモバイルの『Pocket WiFiプラン』の契約で悩んだら、どちらにしても、ルーターだけのシンプルな「さんねん」プランがオススメです。

 

 

ワイモバイル『Pocket WiFiプラン』公式サイト >>

 

 

すでに紹介しましたが『Pocket WiFiプラン2(7GB)』と『Pocket WiFiプラン2 ライト(5GB)』の両プランは、月間に利用できるデータ容量の違いしかないので、あとはネットを利用する頻度などを考えてどちらにするかを選ぶだけ。

 

ちなみに、『Pocket WiFiプラン2』の方は、月間でなんと約100GBまで利用できる「アドバンスモード」というオプションが月額648円で加入できます。

 

 

page top